広島の整体なら「パンダ接骨鍼灸院 紙屋町本院」

膝

 

口コミで話題の整骨院

 

 

まずは膝の悩みを改善された
お客様の声をご覧ください

 

「医師からもう改善しないと言われていた膝が改善しました。」

娘が産後で、こちらでお世話になったという事で、私もお世話になりました。
私は膝が痛くて階段を降りる事が難しくて、手すりがないと怖い状況でした。
あと、O脚になってきていて、膝の内側が痛くて、半月板がすり減っているらしく、もう改善しないと医師から説明を受けていました。
こちらの整体院さんは、半月板がすり減っているのと、膝の痛みは必ずしも直結しているわけではないと仰り、良くなる可能性は十分あると教えてくれました。
それを信じて施術をお願いしたのですが、10回くらいでほとんど痛みも感じなくなり、歩くのも楽になりました。階段の方も、2ヶ月が過ぎた辺りからあまり気にしないで降りれる様になりました。
色々な施術や考え方があるんだなと思います。
保険が効かない施術で自費でしたが、一生の事を考えると、納得できます。

(広島市 60代)

※効果には個人差があります

「パンダ整体院お勧めします。」

3年位前から膝痛が気になり仏事等で正坐が出来なくなりました。整形外科を受けましたが良くならず困っていました。知り合いに、パンダ整体を勧められ予約をしました。今の身体の状態をカウンセリングされ、自分に合った改善計画の基に毎回、身体の状態確認をした後に処術を行ってもらっています。11月に法事があります。その時に正坐が出来るように頑張って行きます!
自分の身体とちゃんと向き合うチャンスを頂く事ができました!
身体の不調で悩んでおられる方!パンダ整体院お勧めします。

(広島市 60代)

※効果には個人差があります

 

 

早期根本改善する整骨院

はじめまして。

「どこに行ったらいいかわからない」
「病院や整骨院・整体院で良くならない」
「手術をすすめられている」

いろんなお悩みもあると思います。

当院は早期根本改善専門の整骨院として、痛み・悩みを早期回復し再発予防するところまでお手伝いしています。

最近TVなどでも良く放送されていますが、痛みや悩みの根本原因は「筋肉の固さ」「骨盤の歪み」そして「自律神経の乱れ」が関係していることがわかっています。

当院では通常の検査に加え、最新の自律神経を測定する機器も取り入れて、数値化しあなたの本当の原因を特定します。

お悩みの方はぜひ一度ご相談くださいませ。

※当院のウイルス対策実施中↓

 

 

推薦バナー

 

 

Googleの口コミや
有名口コミサイトで
高評価を頂いております

 

口コミ

 

 

このようなお悩み
\ございますでしょうか?/

  • 病院では「歳だから改善しない」といわれたが何とかしたい!
  • 家事もしなければならないし、親の面倒も看ないといけない
  • 足を伸ばした状態で寝ていると痛みが出てきて安眠できない
  • 階段が辛く、外へ出るのが億劫である
  • 正座が数年来できない状態が続いている
  • 手術しかないと言われたが手術以外の方法で何とかしたい

↓

そのお悩み、
当院にお任せ下さい!

 

 

なぜ、どこに行っても良く
ならない膝の悩みが
根本改善するのか?

 

他で良くならない理由

膝

膝の痛み・変形性膝関節症。当院に来院するお客さんの代表的な症状の一つです。
実際に当院でも膝痛のご相談は多いいです。

 

【膝が変形してるから諦めてた…】

変形した膝だからしかたないと我慢してた
整形外科などの病院で「変形性膝関節症」と判断されたし、
実際に変形した膝もレントゲンで見せられたし…
もうあきらめてた
年だからしかたない
マッサージや整体にも行ってみたけど良くならない。
針にも通って一時的には良くなった気もするけど…
そんなお客さんが当院には多く来院します。
もちろん外科的な手術などをする訳でないので、
当院でも変形した膝、年齢により摩耗した膝を
変形前の状態に戻すことは出来ません。
構造的な修復は無理なのです。
しかし、膝の痛みの原因は、本当に膝の変形による構造的なもの
だけなのでしょうか?
年齢による膝の摩耗だから仕方ないのでしょうか?
実際に同年代の膝の痛みがない人の膝の摩耗はどうでしょう?
みんな全く変形がないのでしょうか?
そんなことはないのです。
健康でも摩耗してる人、構造的に異常がある人もいるのです。
構造的な変形があっても膝の痛みに悩まされず健康に過ごせてる人
もいるのです。
もちろん絶対的な構造的理由で問題が起きてる事もあるでしょう。
しかし、構造的な変形があるからだけが痛みの原因とは限らない
ということです。

 

 

症状についての説明 

膝

私たち人間の骨の数は約200個。 関節の数は約260個、ある説では300個とも言われています。 そのうち手足の関節だけで約140個。6割が手足に集中しています。 より複雑な動きを要求される部分では関節の数が多いのです。
その多くの関節のおかげで、私たちはさまざまな動きが出来るのですが、機械と同様、使用頻度が高い所には故障がつきものです。関節痛の中で、多いのが関節の老化とも言われる変形性関節症です。関節は、クッションとなる軟骨のおかげでスムーズに動くようにできています。その軟骨が年齢とともにもろくなり、欠け、すり減り、周囲に炎症を起こします。
変形性関節症が一番起こりやすいのは、「ひざ」です。ひざには立っている時、体重分の重さがかかっています。座ったり立ち上がったりするときにも、大きな力が加わります。さらに加齢によって足の筋肉が衰えると、ひざへの負荷がさらに大きくなるため、ひざ痛を起こす人が多いのです。
変形性膝関節症の痛みは、初めのころには湿布薬、塗り薬などで改善してしまいます。ところが関節の軟骨への負荷は相変わらず続きますので、「痛みが増す」「痛みの間隔が短くなる」等症状は少しずつ悪化していきます。やがて、立ったり座ったりの動作に支障が出て、歩くと痛むような状態になります。そうすると歩く機会が減り、筋肉がさらに衰え、症状も進むという悪循環に。
ひざに違和感を感じたら、早め早めの対処が大切です。

 

こんな人が変形性膝関節症になりやすい

変形性膝関節症は、老化が主な要因だと言われていますが、言い換えると「年齢の分だけひざを酷使した」「負荷のかかった状態で使い続けた」と言えます。次のような人はとくになりやすいので、注意してください。

 

運動不足の人

ひざ周囲の筋肉も衰えて、関節が固くなり、関節への負担が増えます。

 

O(オー)脚、X脚 の人

ひざが外側(内側)に曲がっていると、外側(内側)の軟骨がすり減りやすくなります
立っている時、片足に体重をかける人
両足均等に体重をかけて立つことがしんどい人は片方のひざに負担をかけていることになります。その際、ひざにまっすぐ体重をかけれていないので、一部分に大きな負荷がかかります。立ち仕事の方は特に注意が必要です

 

椅子に座った時、足を組む人

足を組む癖のある人は骨盤からゆがみが生じているので、立った時、歩く時にひざに偏った負荷がかかっています

 

床に座る時、横座りやアヒル座りをする人

上記同様、このような人は骨盤から捻じれが生じています。また、正座の際、足の裏を多く重ねている人も同様です。

 

 

原因

膝

変形性膝関節症の原因

第1の原因:膝(ひざ)の痛みで一番多いのが膝(ひざ)の内側に出る痛み『変形性膝関節症』と呼ばれる症名ですが、太り気味の女性に多く現れます。歩き始めや立ち上がる時、階段を降りる時、次の動作に移る時、正座をする時などに痛みを感じることから始まり、次第に痛みが強くなって慢性的な症状へと進行していきます。この痛みは中高年に起こる膝(ひざ)の痛みの90%を占めているので、説明しておきましょう。
男女の比率は1対20位で女性に多く現れていますが、この理由は重力の影響が関係しています。男女とも平等に重力の影響を受けているわけですが、女性の方の筋力が弱いため、重力の影響である2つの有害なストレス『過剰な衝撃波とねじれ波』、つまり破壊力を多く受けてしまうのです。
外反母趾もこれと同じ理由で女性に多く現われ、外反母趾の場合は地面と近い距離にあるので、「過剰な衝撃とねじれ」の破壊力の影響がより大きくなり、1対50位の割合で女性に多く現われているのです。
これらの差を現代医学はホルモンの低下、骨そしょう症、栄養のアンバランスが主な原因と説明していますが、これは誤解があります。このように書くと、かなりのおしかりがあると思いますが、事実なので書かざるを得ません。

第2の原因:足裏の歪み「外反母趾」や「指上げ足(浮き指)」から発生する『過剰な衝撃とねじれ』という2つの有害なストレス(破壊力)であり、重力の影響です。
特に外反母趾や指上げ足(浮き指)での歩行は、歩行時に足先が外方向へ流れてしまう「ねじれ歩行」となり、テコの原理でO脚を発生させ、体重を膝(ひざ)の内側へ集中させてしまいます。更に、このような不安定な足裏はクッション作用が著しく衰えているため、過剰な衝撃を膝(ひざ)に繰り返し伝えてしまい、この内側部分をより破壊させ次第に変形と痛みが起こってしまうのです。
その証拠に『変形性膝関節症』を起こす95%以上の人に外反母趾や指上げ足(浮き指)が見られます。これらの不安定な足裏は、指が踏ん張れていないため重心がかかとに片寄り、指の付け根とかかとだけを使った不安定な2点歩行をしているのです。
また、ジョギングをして膝(ひざ)が痛くなる人とならない人の差は、重力の影響の中で最も大きい『過剰な衝撃とねじれ』の破壊力を多く受け過ぎてしまったかどうかの差にあります。つまり、有害なストレス(破壊力)の源は、足裏の歪みとなる「外反母趾」や「指上げ足(浮き指)」によるものだったのです。そして、足裏の歪みが私たちの体にこれほど大きな影響を及ぼしているにも関わらず、それに気付いていない人があまりにも多すぎるのです。

 

階段の上り下りの痛み

90%の変形が潜在的に溜まってしまうのは不安定な足裏が原因です。足裏が不安定だと『過剰な衝撃とねじれ』、つまり地震で例えると『縦揺れと横揺れ』の破壊力が繰り返し膝(ひざ)に伝わってしまうのです。
特に、かかとからの強力な突き上げ(ヒールストライク)と自分の体重が膝(ひざ)の関節面で衝突を繰り返すことにより軟骨が破壊されていき、次第に変形してくるのです。変形した軟骨がギザギザになっているため、急な変化に対応できず、『ふいに立ち上がった時』や『歩き始め』『階段の上り下り』にズキンとした痛みが走るなど、次の動作に移る時痛むのです。
また特に、階段を降りる時もズキンとして「膝(ひざ)がガクン」と落ちそうになることがありますが、これは体重による負担が急に集中したためで、ギザギザの軟骨が周りの神経を刺激した結果なのです。瞬間的な痛みに対して安全本能が働き、その痛む部分を守ろうとしてガクンと落ちるのです。つまり、人間は急激な痛みまたは瞬間的な痛みに対して、横になって重力の負担をかわそうとする防御反応が働くのです。
これは、既に変形が90%溜まっている証拠です。このような症状が出たら早めにサラシ包帯や専用サポーターなどで3週間程固定しておきましょう。また、電車の中や台所で立っている時、膝(ひざ)を伸ばし切らず、少し曲げ加減にして立つことも大切です。膝(ひざ)を伸ばしきって立つと、全体重を骨で支えることになり関節に一層負担をかけてしまいます。逆に、膝(ひざ)を曲げ加減で立つと、体を支えるための筋肉も発達し関節への負担を防ぐことができるのです。
そして、このような症状が出る人と、出ない人の差はやはり足裏が不安定になっているかどうかの違いです。同時に、重力の影響である『過剰な衝撃とねじれ』の破壊力を多く蓄積させてしまったかどうかの差でもあります。
実はこの障害を起こす人のほとんどに『外反母趾』や『指上げ足(浮き指)』が見られるのです。この事実からも分かるように、膝(ひざ)の痛みは足裏の不安定「外反母趾」や「指上げ足(浮き指)」が本当の原因であり、隠れていた真の原因だったのです。

 

 

当院での改善法

施術

膝の痛み・変形性膝関節症の施術目的と効果

膝の痛み・変形性膝関節症でハイボルトや骨盤の調整をするのは、次のような目的があります。

  1. 運動性を高める
  2. 血流を改善して痛みをやわらげる
  3. トリガーポイントによる痛みをやわらげる

 

1.運動性を高める

痛む部分をかばってしまうために、他の部分の柔軟性や筋力が低下したり、姿勢が悪くなってしまったりすることがあります。それを予防、改善するのに運動療法はとても有効です。
骨盤周囲筋の柔軟性の低下により股関節や膝の動きに悪影響を及ぼすこともあるため、痛む部分だけでなく骨盤の調整も行っていきます。

 

2.血流を改善して痛みをやわらげる

ハイボルトをすることで、痛む部分や全身の血流が改善され、痛みなどの症状が改善します。痛みを一時的でも減らすことは、痛みの改善につながることが疼痛理論上わかっています。一時的な鎮痛により生じる生体反応により、生理的な痛みの回復力が強まります。

 

3.トリガーポイントによる痛みをやわらげる

変形性膝関節症と判断をされていても、その痛みの直接的な原因は“トリガーポイント”による筋筋膜性の痛みである可能性があります。
“トリガーポイント”による痛みは、変形性膝関節症の痛みと混同されることが非常に多く、変形性膝関節症と判断をされていても、実は“トリガーポイント”による筋筋膜性の痛みというケースはとても多いのです。

 

 

キャンペーン

 

10月31日までに
\ ご予約の方に限り /

 

早期回復&再発予防
整体コース

初回限定2,980円(税込)
※初見料・検査料3,300円+
施術料5,500円=8,800円(税込)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3

 

tel:0822111770 予約フォームLINE マップ

 

 

パンダ接骨鍼灸院が
選ばれる8つの理由

 

① 丁寧なカウンセリング・説明が評判

一般的な整体・整骨院
■ カウンセリング表の記入だけで簡単な質問だけ

■ 専門用語が多く分かりづらい

当院
カウンセリング■ 「言い足りない」という事がないよう、まずは全てお聞きします

■ 難しい言葉を使わず模型や図を使うなど、分かりやすくお話しします

 

② 痛みの原因を特定する詳しい検査

一般的な整体・整骨院
■ 身体を動かすだけの5分程度の検査

■ 原因を特定する「目」を養えていない

当院
検査■ 初回は約30分ほど使い、最新の自律神経を測定する機器を取り入れた最先端の検査を行います

■ 臨床数7万件以上の実績と経験を活かした確かな検査技術

 

③ 経験豊富な施術家による完全担当制を採用

一般的な整体・整骨院
■ 無資格の整体師や学生が担当することがある

■ 行くたびに担当が変わる

当院
施術
■ 歴10年以上の院長を筆頭に医学博士も推薦する技術を習得した施術家が担当

■ 担当の施術家がちょっとした身体の変化にも気づき対応いたします

 

④ どこに行っても良くならない症状も根本改善へ

一般的な整体・整骨院
■ 電気やマッサージ、けん引など、痛みがある表面的な部分だけにアプローチするので痛みがぶり返す

■ マニュアルに従った施術なので、人によって合わない場合がある

当院
施術■ 痛みの本当の原因である筋肉や骨盤・自律神経にアプローチする施術

■ お一人お一人のお身体の状態に合わせて施術を行います

 

⑤ 清潔でキレイな院内。カラダに優しい施術が評判

一般的な整体・整骨院
■ バキバキ・ボキボキ鳴らすような、身体に負担の掛かる施術

■ 待合室や院内に人が多くて、リラックス出来ない

当院
施術■ 身体に負担をかけない優しい施術

■ 半個室型の施術室なので、お気兼ねなく施術を受けて頂けます。

 

⑥ 充実のサポート体制で施術効果がさらに促進!

一般的な整体・整骨院
■ 資料を渡されるだけ

■ 簡単なアドバイスだけでスグ会計になる

当院
アフターケア■ 再発予防効果の高い、食事指導や自宅で簡単に出来る体の使い方、姿勢、ストレッチなどのセルフケア指導が充実。

■ 施術後でもLINE@で相談OK

 

⑦ 雑誌や書籍でも紹介される有名整骨院です

一般的な整体・整骨院
■ 技術の根拠や実績が乏しい

当院
有名雑誌■ 技術が評判で有名雑誌や書籍で紹介されました

 

⑧ 施術を受けやすい環境づくりにも注力

一般的な整体・整骨院
■ 日曜・祝日は休みの所が多い

■ 予約をしても長時間待たされる

当院
施術■ 年中無休で営業(年末年始・GW・お盆は除く)

■ 待ち時間がないよう予約優先制を採用

 

 

同業の有名整骨院・
整体院からも沢山の
推薦を頂いております

 

川那 祥一 先生「パンダ接骨鍼灸院さんは、施術業界でも高い施術技術で有名な接骨鍼灸院です。広島では一番だと思います」

かわな鍼灸・整骨院
院長 川那 祥一 先生

木多 勇企 先生「パンダ接骨鍼灸院は全国でも有名な施術院で、施術技術が卓越しています。自信を持ってお勧めします」

津山鍼灸整骨院
院長 木多 勇企 先生

三木 貞徳 先生「パンダ接骨鍼灸院は技術力も高く、お客さんにとって最も貢献できる施術院の一つです」

みき接骨院・整体院
院長 
三木 貞徳 先生

 

 

キャンペーン

 

10月31日までに
\ ご予約の方に限り /

 

早期回復&再発予防
整体コース

初回限定2,980円(税込)
※初見料・検査料3,300円+
施術料5,500円=8,800円(税込)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3

 

tel:0822111770予約フォームLINEマップ

 

広島の整体なら「パンダ接骨鍼灸院 紙屋町本院」 PAGETOP